« 資格試験の難易度 | トップページ | 模範解答&再現答案のKABA流使い方 »

KABA流勉強方法 写経?

私の勉強方法は変わってるみたいです。
こんな勉強方法でも合格したのが居るという見本で書きます。

良く「写経」と言いますよね。
自慢じゃないけど私は一度もした事が有りません。
それどころか、事例を解答用紙まで落とし込んだのは20事例程度(1年かけて)です。
何で写経をしなかったのか?
1.字が汚く書くスピードが遅いので面倒くさい。
 (自他共に認める悪筆&筆不精です)
2.数多くの事例にあたるためには、1事例の時間を短くしたかった。

私は写経に対して「時間対効果」が低いのでは無いかと考えました。
(写経の効果を否定している訳では有りません。あくまで私の場合です)

勉強の初期段階で文字を書くスピードを検証しました。
結果は解答欄を全て埋めるのに「40分」見ておく必要が有ると成りました。
先にも書きましたが、見事な悪筆で読んでもらえる字を丁寧に書いていくとこんなものでした。
落ちたら、次年度はペン習字を受験対策に加えようと思ったくらいです。
これに予備時間を「10分」取ると残りは「30分」です。
読んで考える時間は「30分」しか取れません。
これも試験場でのパニックを考えると「20分」程度で普段は行う必要が有ります。
此れを元に、1事例20分で問題と設問を読んで解答の骨子を考える訓練が必要と考えました。
この訓練には写経より、数多くの事例にあたるほうが効果的と考えた訳です。

こんな時間配分ですので、アンダーライン・フローチャート・細かなメモ書きは出来ません。
ひたすら読んで、頭の中にイメージしていくだけです。
過去問・企業診断・問題集の事例で手当たり次第に訓練しました。
最初は50分位の時間が必要でしたが、最後には1時間に4事例回せるように成っていましたね。

試験場では20分で考えて30分で解答を書き終わっていました。
緊張感がスピードアップに繋がったんだと思います。

過去問に関しては復習(検証)に時間をかけていましたね。
合格者再現答案・受験校の模範解答の使い方を含めて次回に書きます。

|

« 資格試験の難易度 | トップページ | 模範解答&再現答案のKABA流使い方 »

コメント

KABAさん、こんにちは。
いつも興味深く拝見させて頂いています。
08年度に向けての2次向け学習方法を具体的にどうしようかといろいろと考えていました。先日、数事例を何回も噛み砕くように学習するのと、いろいろな事例に取り組み経験を積んでいく方法を考えた時、今の私に向く学習は、様々な事例に取り組んで実力を付けるべきとの結論に達したところです。
 私のブログにリンクさせて頂きたく、これからも学習内容についてご教授下さい。よろしくお願いします。

投稿: ヒロ-T | 2007年12月30日 (日) 16時54分

リンクは問題ありませんので、宜しくお願いします。
2次の勉強は、短い時間で数多くの事例に当たる勉強
過去問を丁寧に何回も噛み砕く勉強の両方が必要と思います。
ここら辺は、次回(年明け)にUPしたいと思います。

投稿: KABA | 2007年12月31日 (月) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194540/9632241

この記事へのトラックバック一覧です: KABA流勉強方法 写経?:

« 資格試験の難易度 | トップページ | 模範解答&再現答案のKABA流使い方 »