« 採点基準を考える | トップページ | 登録申請書 »

番頭さん

前回書いた話の続きです。
「良い番頭さんが居たところは伸ばしている会社が多い」
それなら私は良い番頭さんが居なかったから駄目だったのか?
答えはNOです。
「良い番頭さんを作れなかった」
これが正解ですね。
原因はいろいろ有ります。
 何でも自分でやらないと気がすまなかった
 自分で全てが出来ると過信していた
 信用して大事な部分を任せるのが怖かった
 そこまで番頭さんの必要性を感じていなかった
今思いつくのはこんな所ですかね。
器量と度量が小さいという事に成ると思います。

若いうちは何でも自分でやりたいと思うものです。
私も会社を引き継いだ時に、一旦は全ての権限を私に集中させました。
其の後に、内容に併せて権限の分散を行おうと思ったのですが上手くいきませんでした。
結果を早く求めすぎたのか、其の前にやることが有ったのか、根本的に私のやり方が間違っていたのかは今も解りません。
小さな会社の経験しか無いと、組織の大事さが解りません。
今なら、権限の集中の前に暫く立ち止まった方が良かったのかもと思いますが、当時は必死でしたね。
何とかしなくっちゃで精一杯でした。
血の小便を流すといいますが、其の通りでしたね。

こんな私ですから、2次試験でも組織事例は難しかったです。

こんな社長も結構居ると思ってください。

|

« 採点基準を考える | トップページ | 登録申請書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194540/9398441

この記事へのトラックバック一覧です: 番頭さん:

« 採点基準を考える | トップページ | 登録申請書 »