« 2008年3月 | トップページ

悪筆と遠視の方へ

私は自信を持って悪筆です
自分の書いたメモが1時間後には解読不能です
2次試験ではどんな解答を書いても、採点者が読めない字では間違いなく不合格です
何とか読める字を書かないといけない
これが大問題でした

なにせ30歳から遠視で眼鏡をかけています
年々度が進んで近くが見辛くなってきます
解答用紙の升目が物凄く小さく見えるんですね
それに「遠視に勉強できる奴は居ない」と目医者に言われたように、文字を読むのがつらい状態です
そこで、試験用に20~25㎝で最適に成るように眼鏡を新調しました
升目が2倍以上に感じると共に、与件文も劇的に見やすくなりました

いくら升目が大きくなっても、それだけでは悪筆は直らないんですよね
結局、出来るだけユックリ丁寧に書くことで、何とか読める字にするしかありません
升目が大きくなったことで、ユックリ書けば何とか読める字にはなりました
問題は時間です
そこで、ユックリ丁寧に書いてどれだけの時間が掛かるか検証したわけです
合格者の再現答案を、解答用紙に写経してみました
結果は「5分で100字」此れが読める字で書いたときの私のスピードです
600字から700字書かないといけないので、30~35分になります
意外と時間の掛からないものだと安心しました
参考までに、眼鏡を新調する前は書き直しが多く40~50分掛かっていました

試験場では、書き始めてから書き終わるまでは30分程度でした

今回の内容もお役に立つかどうかは自信がありませんが、同じような人が一人でも居たらと思いUPします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文章力に自信の無い方へ

私のブログを読んで頂ければ、文章力の無さは一目瞭然です
長くて、くどいんですよね(ジカクハシテマス)
こんな私が字数制限のある2次試験に通ったのですから不思議ですよね

理由は一つ「60点で合格する試験」だったからです

与件と設問を読んで「解答に入れるべき因」を100字でしたら3つ抽出することは出来ました
ところが、其の3つで解答を書こうとすると文字数が足らなくなる事が殆どだったんです
無理矢理、縮めて書くと後から自分で読んでも説得力が有りません
説得力の無い解答は0点ですよね
ずっと、このジレンマに悩んでいた訳です

合格者の再現解答(模範解答ではありません)を読み込んでいてハタと気がつきました
3つ全部書いてる人は少ないんですよね
1つの人も居ますし、平均では2個程度だったのです

試しに2個に絞り込んで書いてみました
そうすると納得のいく解答が書けて、文字数も余り気味になったんですね
よし、3つに2つをきちっと押さえたら60点は間違いなく貰える
そう確信したわけです

試験会場では「3つを与件から抽出」「書きやすい組み合わせの2つで解答を作る」これを実行しました
勿論、すんなり3つ書けた時は全部書きましたよ
文字が余れば3つめを留意点として指摘もしました

この方法で解答を書くと、悩む時間が極端に少なくなりましたし
また、論理の一貫性も取りやすくなりました

私にとっての「ローリスク」は勇気を持って一つを捨てることでしたね
結構、胃の痛む方法ではあります

この方法が絶対とは思いませんが、何かの参考に成りましたら

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ