« 文章力に自信の無い方へ | トップページ

悪筆と遠視の方へ

私は自信を持って悪筆です
自分の書いたメモが1時間後には解読不能です
2次試験ではどんな解答を書いても、採点者が読めない字では間違いなく不合格です
何とか読める字を書かないといけない
これが大問題でした

なにせ30歳から遠視で眼鏡をかけています
年々度が進んで近くが見辛くなってきます
解答用紙の升目が物凄く小さく見えるんですね
それに「遠視に勉強できる奴は居ない」と目医者に言われたように、文字を読むのがつらい状態です
そこで、試験用に20~25㎝で最適に成るように眼鏡を新調しました
升目が2倍以上に感じると共に、与件文も劇的に見やすくなりました

いくら升目が大きくなっても、それだけでは悪筆は直らないんですよね
結局、出来るだけユックリ丁寧に書くことで、何とか読める字にするしかありません
升目が大きくなったことで、ユックリ書けば何とか読める字にはなりました
問題は時間です
そこで、ユックリ丁寧に書いてどれだけの時間が掛かるか検証したわけです
合格者の再現答案を、解答用紙に写経してみました
結果は「5分で100字」此れが読める字で書いたときの私のスピードです
600字から700字書かないといけないので、30~35分になります
意外と時間の掛からないものだと安心しました
参考までに、眼鏡を新調する前は書き直しが多く40~50分掛かっていました

試験場では、書き始めてから書き終わるまでは30分程度でした

今回の内容もお役に立つかどうかは自信がありませんが、同じような人が一人でも居たらと思いUPします

|

« 文章力に自信の無い方へ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194540/23106732

この記事へのトラックバック一覧です: 悪筆と遠視の方へ:

« 文章力に自信の無い方へ | トップページ